【ゲイ体験談】SNSで知り合った彼氏に今日も嫁に内緒で掘られる

俺には妻がいる。
そして妻に秘密にしていることがある。

それは、俺が同性愛者だということ。
妻のことはもちろん好きだ。優しくて、自分にはもったいない人だとも思う。
ただ、性的対象として見ることができないだけだ。

俺は一人息子ということもあり、なんとか普通の男性としてふるまうようにしてきた。
両親を悲しませたくないという思いから、結婚もした。
自分が秘密を守り抜けば誰も傷つかないと思って。

結婚したばかりのころは妻とセックスしていた。
けれど、俺には苦痛で、なかなか勃たないこともあった。

子どもを欲しがっている妻のことを考えると、離婚したほうがいいのではないかと、提案したこともある。
でも妻は『うん』と言わなかった。

妻は俺の性欲があんまり強くない、もしくはそういう行為が好きではないと思っている。
だから、セックスをしなくても子どもを授かれる方法を調べては、俺に話してくれる。

そういう妻の姿を見ては、本当のことを打ち明けようとするも、いざとなるとなかなか言葉が出てこない。

そんな葛藤を抱えながら、今日も妻に『会社の同僚と飲み会だから遅くなる』と嘘をつき、男性とホテルにいる。
彼とは、本当の自分自身を解放する場所が欲しくて、匿名でしていたSNSで知り合った。
悩みをさらけ出していくうちに親しくなり、会うようになった。

3、4回会った後、初めて男性とセックスした。
妻には申し訳ないが、次から次へと欲望が湧き上がってくる。
もう男を知らないころには戻れない。

おたがいのペニスを触り合いながら、舌をねっとりと絡め合う。
俺はベッドに仰向けになり、彼は自分のペニスにコンドームをかぶせる。

彼が近づき、俺のアナルにローションを塗りつけ、自分にもなじませる。
そして、ゆっくりと侵入してきた。

「あぁ……」

彼がピストンをはじめると、俺も自分のペニスを彼と同じ速度でシゴく。
しばらくその体位を楽しんだ後、今度は俺が上になる。
上下に腰を振るたび、揺れて彼のバキバキに割れた腹筋に当たる自分のペニスを見ていると興奮する。

彼がイキそうになったのか、俺のペニスを乳搾りをするようにギュッと握り、下から強く突き上げる。
腰を打ちつける速度がどんどん速くなり、「うっ……」と呻き声をあげて彼が達した。
そして俺も頂上が見えてくる。

「あっ……イクっ!」

欲望を彼の胸に吐き出した後、快感も束の間。俺に再び重いものがのしかかる。
現実に戻る瞬間だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です